Windows7

  • 2009.10.24 Saturday
  • 11:21
Vistaが入っているノートPCに、Windows7 Professionalをアップデートインストールしました。

Windows7にアップデートできるかチェックするソフトがあったのでチェックし、このままアップデートするとやばそうなもソフトをアンインストール。
BUFFALOのRAMDISKのソフトが一番やばそうなので解除。

インストールする前に、どうもLineageはアンインストールしたほうがよいらしいので、消す。
消した理由はもう1個あって、Windows7のインストールにはCドライブに16GBの空き容量が必要。
3GBほど足りなかったので、Cドライブを調べたらLineageががっつり容量を食っていたので消しました。

インストールが始まって、再起動したらブルースクリーンに!!
o2media.sysとかいうのがエラーしているようだ。
1回は再起動してくれのようなメッセージが書かれているので、電源強制断して立ち上げなおし。
しかし、またブルースクリーン。。。

このノートPCには4GBのメモリをつんでいて、32Bitだから3GBほど認識していない状態なのだが、それが怪しそう。
で、以前のメモリにのせかえて2GBでチャレンジしたらうまくいきました。

とりあえず無事にインストールは終わったけど、なんかメモリコントローラ?のドライバがエラーしてる。
Intel Turbo Memory Controllerってのがダメみたい。
Intel Turbo Memoryコンソールを開いて、ヘルプにあるサポートのところからダウンロードのWebを選んで、英語のサイトから最新ドライバをダウンロードしてインストール。
Webページは途中で日本語に変更できたけどね。
インストールして再起動したらエラーは出なくなった。
インストールすることによって、ReadyDriveが無効になったからエラーしなくなったのかもしれない。
ReadyDriveをやってたUSBメモリは今使ってないから無効のままでいっか。

Lineageをインストールして、管理者モードに設定。
XPモードを試そうとやってみたら、なんか画面が真っ暗になって立ち上がらない。
普通に管理者モードだけで立ち上げたらできました。
ログインだけして特に何もやってないけど、普通にできそうな予感。

VMware PlayerもWindows7のアップグレード前にアンインストールしていたのですが、Windows7にしてからVMware Playerをインストールしなおし、普通にVMwareでLineageできました。

↓ぽちっとな
LLランキング

VSuite Ramdisk (Public Edition)

  • 2009.06.20 Saturday
  • 14:38
RAM Diskを使用して、高速なパソコン環境を構築しています。
インターネットのテンポラリ領域とか、ファイルダウンロードの一時置き場とかね。

RAM Diskするソフトに、Gavotte Ramdiskっての使ってたんだけど、最近窓の杜で紹介されたVSuite Ramdiskってのに乗り換えてみました。

特にGavotteのほうに不具合はなく、快適に使えていましたが、VSuite Ramdiskのほうは電源OFF時にHDDにファイルを退避してくれる機能があり、しかも日本語化対応されたものがあるので乗り換えました。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/06/16/vsuite_jpn.html

RAM Diskは、メモリをDiskと見せる技術なので、パソコンの電源を落とすと、データが消えてしまいます。
HDDと比べようのない高速アクセスが可能なのが売りで、普通のWindows(32ビットOS)の人はメモリは、3GBほどしか認識できないけど、RAM Diskのソフトを使えば、OSが認識できない領域も使えるようになって、有効活用ができるのです。
例えば、4GBのメモリが搭載されたパソコンを買っても、普通だったら3GBまでしか使えないけど、あまった1GBをRAM Diskに割り当てることが可能になります。

TEMPの環境変数やら、インターネット一時ファイルの場所をRAM Diskにしてあったので、Gavotteをアンインストールする前に普通の状態に戻しました。

VSuite Ramdiskをインストールして、Gavotteの設定と同じようにRAM Diskを構築し、パソコンを再起動したら1回起動時に固まりました。。。
あせりましたが、再度起動しなおしたら普通に立ち上がりました。
なんだったんだろうか^^;
OS管理外以上にRAM Diskにメモリを割り当てたからか?

マウスでアクティブ化

  • 2008.05.14 Wednesday
  • 22:00
LinuxのX Windowをさわったことがある人はわかると思うけど、マウスカーソルを移動させると、ポイントしているウィンドウにフォーカスが移る設定が出来ます。
これに慣れてしまうと、Windowsでのフォーカスをいちいちクリックしないといけないのが使いにくくてしょうがありません。

しかし、Linuxみたいにウィンドウフォーカスを変更できるツールがありますのでご紹介です。

マウスでアクティブ化 trackactivewin
http://cspace.s2.xrea.com/software/SimpleCommand/index.php

すごく便利で、自宅でも会社でもこの仕様で使っています。
新しいデスクトップPCに今日インストしました。

便利な使い方としては、最前面にあるウィンドウの内容を表示させつつ、その裏にあるウィンドウにフォーカスして「文字入力」や「コピー&ペースト」等が出来ます。

これで快適なWindows操作が約束されます^^

BIOS Update

  • 2006.12.07 Thursday
  • 00:23
パソコンがたまにものすごく重たくなり、CPU使用率が100%になることがあったのですが、ずっと原因が謎のままでした。

たまにはソフトウェア等のアップデートでもしようかなと思い、購入したメーカーのサイトに接続し、アップデート情報を見てたら、BIOS(*1)の更新があったので、変更内容を見ると、

「メインメモリを1GB 以上搭載した際に動作が遅くなる場合がある不具合を修正しました。」

ぶ!
めっちゃヒットしてるやん。
ブラウザがものすごく重くなったり、リネが重かったのはこいつのせいか!!!

さっそくBIOSのUpdateしました。
なんだか快適になった気がします。

*1 バイオスと読む。
Basic Input Output Systemの略。
パソコンの電源投入時にWindowsが立ち上がる前に起動するあれのこと。

スパイウェア対策

  • 2006.11.12 Sunday
  • 01:38
窓の杜などのニュース記事に最近掲載されたが、MicroSoftの無償のスパイウェア対策ソフト「Windows Defender」日本語版を正式公開された。

さっそくインストール。
そしてスキャンしてみると、なんか1個見つかった。
説明を見ると、なんかチャイナっぽいスパイウェアだ。
削除!
これで夜も安心して眠れます。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM